※1.17以前のバージョンに脆弱性が確認されました。ご利用の方は必ずダウンロードページより 1.18以降にアップグレードして頂きますようお願い致します。

高機能でわかりやすいアクセス解析ツール Research Artisan Lite

自分のサイトを持っていれば、アクセスしてきた人々がどのようにしてそのサイトに辿りつき、サイト内のページをどれだけ読んでいるかが気になるはずです。もちろん、他のアクセス解析ツールでも、どれだけアクセスがあったかはわかりますし、それはどれだけの人に読まれたか?を判断する一つの基準になるでしょう。しかし、あなたのサイトは、本当にあなたの望む通りにちゃんと見られているのでしょうか?ひょっとすると、あなたのサイトに満足することなく、直ぐに立ち去られているかもしれません。

  • あなたのサイトで、本当に一番人気のあるページはなんですか?
  • 最近アクセスが減ってきた理由は何でしょう?
  • 訪問者の行動を把握し、もっと人気のあるブログサイトにしたくありませんか?
  • もっとアフィリエイトを成功させたくはありませんか?

Research Artisan Lite は、訪問者の細かい行動を知りたいサイト管理者に最適なアクセス解析ツールです。サイト訪問者の時間間隔からサイト内の行動を推測する事で、あなたのサイトへの本当のアクセス状況がわかります。また「時間別」「検索フレーズ(キーワード)」「ブラウザ環境」「都道府県」など、従来のアクセス解析も展開し、サイト全体のアクセス状況もわかります。

レイアウトはシンプルで、各データのリンクを辿っていけば自然とアクセス状況が見えてきます。特に、サイト内の各ページのタイトルを自動的に取得し解析結果に反映していますので、従来のアクセス解析ツールではURL表示でイマイチ掴みにくかった生ログのデータの内容が、一目でわかるようになっています。

とにかく一度、Research Artisan Lite をお試しください。あなたのサイトの本当の姿が見えてきます。

スポンサード リンク

機能一覧

機能 説明
時系列解析 時間別・曜日別・日別といった時系列について、アクセス数を確認することができます。
時間別
曜日別
日別
訪問者属性解析 IPアドレスとユーザーエージェントより発行されるIDを一訪問者として、訪問者毎のアクセス数を確認できます。また、IPアドレスやリモートホスト、ドメイン毎の解析結果や、ドメインを組織のみで抽出した企業・学校等の法人、国や都道府県のアクセス数も確認できます。
都道府県
企業・学校等の法人
訪問者
ページ解析 アクセスされた各ページについてのアクセス数を確認できます。Inページ(入口ページ)やOutページ(出口ページ)、サイト外へのリンクをクリックされた回数を計測するリンククリック解析、Google AdSense広告をクリックされた回数を知るAdSense解析にて、各数値を確認できます。
ページ
リンククリック
AdSenseクリック
リンク元解析 検索フレーズや検索エンジン、リンク元ホストやリンク元ページといった項目で、サイトへアクセスする直前に見ていたページや検索キーワードを確認できます。また、クローラー(検索ロボット等)のアクセスも確認できます。
検索フレーズ
検索エンジン
クローラー
訪問者環境解析 訪問者が利用しているOSやブラウザ、画面の解像度・色数やJavascriptとCookieの使用有無を確認できます。ブラウザについては、バージョン毎のアクセス数も確認できます。
Javascript/Cookie
ブラウザ
ブラウザバージョン
訪問者追跡 例えば、“インド ツアー 旅行記”という検索キーワードでアクセスがあった場合、従来のアクセス解析ツールではその結果とそのアクセスを行った訪問者の動きは簡単には導き出せませんが、Research Artisan Lite では解析結果内のリンクを辿れば直ぐに“インド ツアー 旅行記”にてアクセスした訪問者の詳細な行動(最初に見たページは?どのくらいの時間見ていたか?次にどのページを見たか?)がわかります。このようにResearch Artisan Lite では、各解析結果内に様々なリンクが貼られており、ある解析結果に至る訪問者の動き、ある解析結果から別の解析結果への繋がり、といった内容がとても簡単にわかるようになっています。
検索フレーズ1
検索フレーズ2
検索フレーズ3
訪問者名・ドメイン名設定 通常、訪問者はIDにて表現されますが、訪問者に名前を設定することもできます。これにより、見た目にも更に訪問者を追跡しやすくなります。また、ドメインについて、ドメイン名を設定することもできます。企業や学校のドメインを登録することで、どの組織からのアクセスかがわかりやすくなります。(インストール時に5,000件程度のドメイン名が自動で設定されます。)
ドメイン名設定
ドメイン名設定
訪問者名
ページ選択、訪問者選択 ページ選択画面より、特定のページに絞った解析結果を確認することができます。また、訪問者名を設定した訪問者について、訪問者選択画面より特定の訪問者に絞った解析結果を確認することもできます。
ページ選択
訪問者選択
メール送信 指定した期間についての解析結果を指定のアドレスへメール送信することができます。メール送信は外部のSMTPサーバーを指定する事が可能で、例えば、gmailやYahooメールを送信元とすることもできます。また、cronやタスクスケジューラを使える環境であれば、定期メール配信(前日の解析結果、前月の解析結果、前1週間の解析結果等)を行うことも可能です。
メール送信
ログのダウンロード 画面で指定した期間についてのアクセスログをCSV形式にてダウンロードすることができます。
ログのダウンロード
PHPコードの埋め込み 通常の解析用タグでは、Javascriptによってアクセス情報を取得しますが、解析対象のサイトがPHPで作られたものであればPHPコードを埋め込むことで、クローラー(検索ロボット等)のアクセスを正確に記録する等、解析用タグより漏れなくアクセスログを取得できます。
解析用タグ
PHPコード
ログの削除機能 月毎のアクセスログの容量は、「ログ容量確認」画面より確認できます。また、不要なアクセスログは削除することもできます。
ログの削除
システム設定 Research Artisan Lite の様々なシステム設定を行う事ができます。現在はシステム実行時に記録されるアプリケーションログファイルの記録レベルを設定する事が可能です。
システム設定